うん、自由がいいね。

平日の昼間をブログで手に入れるまで。

正社員で子育てと仕事を両立するのは大変?メリットやデメリットはこちら!

周りのママにも「働くママ」が増えて来て、私も働いた方がいいのかな?と思うけれど、正直不安だし、自分にも両立できるのかな?と思いますよね。

せめて、正社員として働き出した時の自分はどんな感じになるのか、イメージできればいいですよね。

そんなあなたの参考になればと思い私が実際に正社員をしていた時のスケジュールやメリット、デメリットをまとめました。

 

最後には正社員として働く時のアドバイスも書いていますので、参考にしてみてくださいね。

 

 

正社員ママが仕事と子育てを両立するのは大変?

スケジュール

 

正社員ママのスケジュールはどんな感じ?

 

5:30 起床 洗濯機を回す 朝食準備 保育園準備、お弁当(白飯のみの持参)
6:30 子供起床 保育園準備
6:40 洗濯物を干す、子供朝食 その間に化粧したり
6:50 夫起床、朝食  
7:10 着替えなど、支度  
7:30 出発  
8:00 会社到着 作業着に着替える、タイムカードを押す
8:05 ラジオ体操、朝礼  
8:10 始業  
10:00 休憩 自販機でジュース買ったり、雑談したり
10:10 業務再開  
12:05 昼休み 食堂で食べたり、車内で食べたり
12:45 業務再開  
15:00 休憩 自販機でジュース買ったり、雑談したり
15:10 業務再開  
17:10 業務終了 速攻で帰る支度。残業なんてしない!
17:15 帰社 タイムカードを押す
17:45 保育園迎え 夫が定時の場合は一緒に。残業の場合は一人で。
17:50 帰宅 保育園の荷物整理
18:00 夕食調理開始 基本的には食材配達利用。疲れているときはコンビニご飯や、お惣菜になることも。
18:40 夕食 食べ終わるまで、20分くらい?その後少しゆっくり。
20:00 お風呂 夫が入れる。夫が夜勤の時は自分で入れる。 その間に食器の片付けなど。
21:00 寝かしつけ 3人を寝かしつける。 早く寝る時は、全員5分くらいで寝る。遅い時は1時間くらいかかる。
22:00 やっと自分の時間 やっと、自由に!でも大抵は子供と一緒に寝てしまうことが多い。

 

このスケジュールでも分かるように、一日中、動きっぱなしですね。トホホ。 

 

正社員で働くメリットとデメリット

メリット

一般的に言われているメリットとは?

  • 期間の定めがない

一度入社してしまえばよっぽどのことがない限り、定年退職するまで働くことができると思います。

 

  • 昇給や賞与などがあるため、得られる賃金が多い。また退職金もある。

正社員で雇用されると、毎月の給与とは別に年に2、3回の賞与、(いわゆるボーナスですね)が支給されることが非正社員と比べて多いと思います。ちなみに私の賞与支給は年に2回で、月給より少し多いくらいを貰っていました。

 

労働組合は賃金や仕事環境に不満がある場合やクビなど何か問題が起きた時に雇用者を守る役割があります。

 

  • 福利厚生が良い場合がある

 

福利厚生とは??

福利厚生とは、会社員が働くことよって得られる

給与以外の援助・サービスのことをいいます。

 

福利厚生2つの種類に分かれており、1つは社会保険制度、

もう1つは企業ごとに独自に設けている制度というものがあります。

 

企業が独自に設けている福利厚生のわかりやすい事例としては、

社宅や社員寮、食堂、住宅融資などです。

  • 産前・産後休暇、育児休暇を取得できる

私は、子供を3人産んでいますが、全て、産休・育休を取得して育ててきました。非正社員でも産休・育休が取れる職場も増えてきているようではありますが、まだまだ浸透してきてはいないようです。仕事を続けたい、と思っている方は産休・育休を取得できるというメリットは大きいと思います。

 

育休中でも雇用保険から「育児休業給付金」が支給されます。なので実際には労働していなくても収入を得ることができます。この給付金には本当に助けられました。

 

ちなみに給付金の計算はこのようになります▼

労働者の育児休業開始時賃金日額×支給日数(通常30日)の67

 (子供が生まれて6ヶ月経過後は50%)

 

私が感じているメリットは?

  • 転職をする際に有利なことがある

これは実際に私が体験したことなんですが、以前転職した際、その転職先の職場では前職の給与を保証しての雇用が可能でした。ですので給与が減ってしまうことを考慮せずに転職できたので、よかったと思います。

 

  • 子供とうまく距離を保てる

子供はとっても可愛い。可愛いけれど、やっぱりずーーっと一緒にいるとストレスは溜まってしまうし、ちょっと自分の時間が欲しいと思う時もある。そんな中、仕事をしている間子供と少しだけ離れることで少しスッキリする部分もありました。

保育園に迎えに行くと、離れていた分、可愛さが倍増します。会いたかったよ〜!!ってなります。笑

よく、子供を預けてまで働いたら子供が可哀想という声を聞きますが、私はそうは思いません。少なくとも、私の両親も共働きで、私を保育園に預けていたのですが、私自身、あまり寂しい思いをしたことがなかったからです。

 

  • ローンやクレジットカードなどの審査が通りやすくなる

以前、自営業をやっている方に聞いたお話なんですが、「クレジットカードの審査が通りにくくて作れない」といっていました。

他にも、職場の上司に聞いた話では「知り合いで自営業をやっている人がいて、新築するために住宅ローンを組みたいが、審査が通らないので、会社員である息子の名前を借りてローンを組んだみたい」ということも聞きました。

正社員だと、こういうメリットもあるのですね。

 
 

一般的に言われているデメリットとは?

デメリット

  • 雇用される確率が低い

正社員で雇うということは、長期の雇用となることが考えられるため、企業としても面接等、入念に行うと思います。誰でもどうぞといことも難しいため雇用される確率は低いでしょう。

 

  • 異動や転勤がある場合がある

全国に支社、営業所などがある場合には転勤になる場合も考えられます。

ですが、私の経験上、女性はどうしても子育てをしていると転勤自体が難しいため、その点優遇されていると思います。

 

  • 降格、減給がある場合がある

何か不祥事を起こしてしまった場合には降格、減給という処分が下ることもあります。

 

  • 保育料が高くなる

正社員で雇用されると収入が増えるため、保育料が高くなってしまう場合があります。

ちなみに私は毎月4万ほどの保育料を支払っています。

 

私が感じているデメリットは?

  • 正直、肉体的にしんどい

1日中体を動かしていなければならないので、正直しんどいなあ、と何度も思っていました。夕食の後、片付けをしなければ!!と思いつつも体を起こすのがしんどくてそのまま寝落ち。結局朝になってからやる、ということは結構ありました。

 

  • 自分の時間がない

正社員で働くと非正社員と比べ、どうしても労働時間が多くなってしまいます。ということは、自分の時間も減ってしまうことになります。

そのおかげでとても窮屈な思いをすることも多かったです。

 

  • 朝早いので起きるのがしんどい

正社員の朝は早いです。私の場合、朝8時までに出社しなければならなかったので、逆算して起きるとなると5:30頃には目覚めないと間に合いません。結局、その時間に起きることには慣れないまま。元々睡眠が大好きな私は、どうしても早起きは難しかったです。

 

 

正社員で子育てと仕事を両立すると決めた場合、どんな工夫が必要なのか?

考える



たまには家事の手抜きをする

毎日フルタイムで働いていると、本当に疲れます。

なので、たまには家事の手抜きしても大丈夫、という気持ちを忘れないでください。

頑張り屋さんほど、「完璧に」と思ってしまうようです。

ぶっちゃけると毎日手抜きしたっていいと思います。笑 

だって、家事(特にお掃除)なんて別にやりたいものじゃないしむしろ、やりたくないと思いませんか?カジエモンみたいにお掃除大好き!お掃除が趣味!って人じゃないと完璧にやるなんて無理です。だって、できるだけ減らしたい時間だと思うんですよね。

だから、それを減らす努力をした方が幸せは増すと思いますよ。

 

 

夫と協力する

そういう私は、なかなか夫に協力してもらうことができませんでした。夫に頼るのがなんだか情けないという意味のわからない「妻として」のちっぽけなプライドを持っていたからです。

でもそれは幻想でした。

共働きなんだから、家事だって分担したっていいんですよね。

疲れた時だけ手伝ってもらおうとか思わず、 はっきり役割分担してしまいましょう。

トイレ掃除、ゴミ出し、お風呂掃除など簡単なことからやってもらえばいいと思いますよ。

 

子供との時間を作る。

共働きとなるとどうしても子供との時間が減ってしまいます。

日中は仕事で子供とは居られないし、せっかくの土日のおやすみはつい自分の時間を優先してしまいがち。その結果、子供と遊ぶ時間が知らない間にどんどん少なくなってしまいます。

そのためには、まず子供と思いっきり遊ぶ時間を取ることを忘れないようにしたいですね。